TOP

一昔前、消費者金融は「サラ金」と呼ばれていました。

20年以上前、消費者金融は、世間から「サラ金」といわれていました。「サラ金」という言葉は、サラリーマン金融という言葉の略で、消費者金融がサラリーマンをお客にしている金融会社、であるがゆえに「サラ金」と呼ばれていました。この頃は、高金利でお金を貸すという事実もあり、当然、世間からするとイメージは悪いものでした。この時のあまりよくないイメージを強く持っている昭和の世代を基準にして見ると、当時とは違う、ここ最近の、消費者金融のあり方に、かなりビックリされると思います。「銀行」と連携した運営方針を取るようになり、世間からの信用度は比べ物にならないくらい増してきました。消費者が増え安定性が高まったことで、金利に関しても銀行のように低金利を採用する業者も少なくありません。おまけに、契約の際の審査の基準もさほど高くなく、即時融資も可能なので万が一、急にお金が必要になった場合には、銀行なんかよりも頼りがいがあるといった人は今後さらに増えるのではないでしょうか。