TOP

キャッシングでの返済は、「約定方式」と言われるもので、…

キャッシングの返済方法は、「約定方式」と呼ばれていて、1ヶ月、あるいはそれに近いサイクルごとに借入れ額によって決定される最低返済額以上となりえる金額を返済するルールがあるのです。「今月は返済できるお金がないので、次の返済日に、2ヶ月分をまとめての返済をします」という話は通用しません。それに、最低返済額に満たない金額を返済することもできません。毎回やってくる返済期日までには契約上、少しも不足もなく、最低返済額を超える返済を必要とされますし、返済しなければいけません。当然、余裕があって、返済額が最低返済額より多い場合は、超過分は元金から差し引かれるので構いませんが、仮に少しでも足りないと、遅延と同様の扱いになってしまい、個人の信用状況について管理している機関にも「遅延」として記録されてしまうので要注意です。記録が残ると、その後の社会的信用に影響が出ますので、ローンが通らないなど、不都合な状況になる可能性もあり得ます。